適切な対応が悪化を防ぐ

噛み合わせが悪くなったら

インプラントのトラブルが生じた場合の対処法についてここからはご説明いたします。治療院が閉まっているような際にインプラントのトラブルが生じてしまった場合、ご自身での対応が必要となります。
ここではご自身で行える対処法についてご説明いたします。

まずインプラント治療後、噛み合わせが悪くなった場合はインプラントが適切に埋め込まれていない恐れがあります。噛み合わせが悪い場合は咬調整が行える歯科医院を受診する必要があります。また、受診をする前のまでのご自身の対応といたしまいしては噛み合わせの悪い箇所に強い力を加えないことや強度な噛み合わせを控えるなどということが挙げられます。

また、インプラントが欠けた場合も再治療が必要となりますため強い力や刺激を与えないようにしましょう。

痛みや腫れが生じたら

次にインプラント治療の後に痛みが生じた場合の対処法についてご説明いたします。
インプラント治療の後に麻酔が切れて痛みが生じることがあります。この痛みは個人差がありますが病院から処方された痛み止めなどによって様子を見るようにしましょう。痛みは数日から長くても2週間程度で治ってきますが痛みがこの期間以上に続くようでしたら再度、病院へ行くようにしましょう。

次にインプラント治療の後に腫れが生じた場合の対処法についてご説明いたします。
インプラント治療の後の腫れも個人差によって異なってまいります。腫れに関しましても痛みと同様の数日から長くても2週間程度で治ってまいります。しかし、腫れが引かない場合には感染症などの疑いもあるため長引くような腫れの場合には医師へ相談をするようにしましょう。


この記事をシェアする