数種類の検査

人工の歯が壊れたり取れてしまう

インプラント治療ではトラブルが生じてしまうことがあります。
ここではトラブルについてご説明いたします。

まずトラブルといたしましてインプラント治療後に人工の歯が壊れてしまうことや取れてしまうことがあります。治療後、普段通りに生活をしているといきなり人工の歯が壊れたり取れたりしてしまうことは非常に恐ろしい事です。
ではなぜこのような事態が起きてしまうのでしょうか。人工の歯が壊れたり取れたりしてしまう原因として「歯の噛み合わせ」が挙げられます。歯の噛み合わせが悪いことが原因で人工の歯を少しずつ傷つけてしまい最終的に人工の歯が壊れたり取れたりしてしまいます。

この他にも強度な歯磨きなどでも人工の歯を傷つけてしまう恐れがあるため注意が必要になります。
人工の歯は丁寧に優しく扱うことが大切です。

インプラントが固定されていない

次にトラブルといたしましてインプラントの固定がされていないということが挙げられます。

手術まで行ったのにも関わらず、なぜインプラントは固定されないのかと不思議に思われる方も少なくないかと思います。
インプラントが固定されない原因は2つ考えられます。まずドリルによるオーバーヒートです。インプラント治療では顎の骨に穴を開けます。この顎の骨に穴を開ける際に骨の硬さなどに合わせてドリリングを行わなければなりません。このドリリングが上手くできていなかった場合、インプラントが安定しないことがあります。
次にインプラントが上手く埋め込まれていない可能性があります。インプラントを埋め込んだ際に深さや埋め込みの位置が適切でない場合にはインプラントが安定しないことがあります。


この記事をシェアする